マニア心をくすぐる内巻きロゴの11MW、13MWZから、最も完成度が高いGジャン、ラングラーのファーストジャケット11MJなど、ラングラーのヴィンテージ全般全般を紹介。

美しいビンテージのジーンズはビンテージスタイルにお任せ!

中々手に入らないリーバイスのビンテージもの。もちろんリーバイスだけでなくその他のビンテージも豊富にそろえたジーンズの総合サイトこと、ビンテージスタイルです。

ビンテージなジーンズをそろえましょう!

若者の憧れであるリーバイスのビンテージを格好良くはきこなすジーンズマニアを目指し、数多くのジーンズを、リーバイスを中心に集めました。

a chronological table of jeans

| top | 501vintage | 501reguler | other pants | jacket | shirts | footwear | others | sitemap


vintage-styles ? ご注文/お支払方法

WRANGLER(ラングラー)について

初めてジーンズという名称を正式に使ったことで有名なラングラー11MWが世に出たのが1947年。ジーンズの3大メーカーといえば、リーバイス、リー、ラングラーって事ですが、いちいちこの「ジーンズの3大メーカーの・・・」って枕ことばが使われるのはラングラーだけのような・・・。要は一般的には、すこしマイナーってことの証明とも言える訳ですね。でも、実際にはかなりコアなファンが多いのもラングラーの特徴です。

ラングラーのジーンズを見ていると、。汽櫂吋奪函↓▲螢戰奪畔箒、デニム生地、という「ジーンズの定義」とも言える3点だけを念頭に、一から作り直したって印象で、一番最初にジーンズを名乗ったという割りには、一番ジーンズっぽくない気がしませんか。やっぱり当時ハリウッドのトップデザイナーだったロデオペンを起用したというのが大きいのでしょう。なんだかリーバイス501やリー101とは発想が違うって感じで、変な言い方ですが、ちゃんとした服っぽいです(笑)。

雑誌なんかのラングラーの紹介って、当時西部劇が人気で、カウボーイの履くジーンズ=ラングラーっていうイメージ戦略のことだったり、オマケのギミーブックだったり、先のデザイナーの話だったりとかくジーンズ本体以外の話題が多く、ジーンズ自体の魅力が語られないのが残念ですね。

現在ご紹介できるものがありません。

現在ご紹介できるものがありません。

現在ご紹介できるものがありません。の詳細